うつ病の症状を知って向き合う【メンタルヘルスドットコム】

女性

周りのサポートが大切

医者と看護師

ストレスはいろいろ

現代では、いろいろなストレスを抱えている方が非常に多いです。仕事のストレスや、家庭のストレス、学校でのストレスなどいろいろな場面でストレスは発生します。それを放置しておくと、いつの間にか自分はうつ病になっていたという方もいるほどです。基本的に、うつ病なのかどうかは医師の診断がないと判断がつかないくらい難しいです。はっきり、これと言った症状がなく、一応あるのですが人によって差があるので、素人では判断がつけにくいです。ですが、やはりうつ病の方は明らかに以前と違ってネガティブ思考になっていたり、情緒不安定になったり、あまり人と関わらないようにしていたり、何かしらの症状は出ているはずなので、周りもきちんと変化に気づいてあげることが大切です。まだまだ、会社などに入社したら辞めるとしても数年は辞めてはいけない、自分の経歴に傷がつく、という昔ながらの言葉を信じていて、辞めたいと思っている会社で無理矢理働いていて、毎日仕事に行くのが嫌で嫌で仕方ないが誰にも相談できず、いつの間にかうつ病になっていたと言う方も多々います。そして、今後もそれは増加傾向にあるのではないかと思います。最近の若い方などは、すぐに会社を辞めるだとか言われているのをよく耳にしますが、実際はそうでもなくて、責任感や背負うものをあまりに大きく感じてしまい、プレッシャーを感じてしまうような、繊細な方が多いだけです。なので、周りがしっかりとサポートすれば大丈夫なことがほとんどなのです。

選択肢を与える

うつ病の患者さんは、基本的にやはり相談する方がいなくて1人で多くを抱え込んでしまう方が多いです。また、うつ病と言ってもその中でまたさらに種類があります。躁鬱という病気は、非常にテンションが高いときもあれば、真逆にかなり暗くネガティブになってしまうときもあります。それは症状のひとつで、患者の起伏が激しく自分でもコントロールできなくなっているような状態です。なので、非常に元気に見えても、実はそれはうつ病のストレス症状のひとつだった、ということもあるのです。とにかく、うつ病に関しては、周りがしっかりとサポートすることが肝心です。家族の方なんかは、とにかく毎日の変化を知るべくきちんとコミュニケーションをとることです。そうすることで、相手の小さな変化にも気づけるようになります。そして、うつ病になってしまったときは、とにかくすぐに心療内科などの病院へ行くことが大切です。心療内科へ行くことにより、心が楽になることもあります。楽になるということは非常に大切で、例えば職場に嫌なことがあるのであれば、それを辞めることも選択肢のひとつなんだよ、と言ってあげることも大切です。辞めるということができれば、気持ちも楽になりしっかり療養していれば、うつ病も完治するはずです。きちんと処方された薬を飲み、こまめに心療内科にも通うことでだいぶ症状も改善されます。また、うつ病だからと言って、否に思うこともないですし、あえて受け入れることをすると、気持ちも楽になります。

Copyright© 2015 うつ病の症状を知って向き合う【メンタルヘルスドットコム】All Rights Reserved.