うつ病の症状を知って向き合う【メンタルヘルスドットコム】

女性

患者の能動的な発言が重要

女性

身体に異常をきたす場合も

昨今は長時間労働を行っているビジネスマンを中心にうつの症状を発症させている人が多数存在します。うつの症状と言えば気分が落ち込んだりひどく焦ったり、思考力や集中力が低下したりといった精神面に異常が生じる精神症状が広く知られていますが、精神的には具体的な問題が無くても頭痛や不眠症、あるいは手が突然震えたり、突然呼吸が困難になったりといった身体に異常が生じるケースもあります。こうしたケースは身体症状と呼ばれていて、こられの症状が内臓をはじめとする体内のどこかの部位の異常に基づくものでなく、複数の症状が認められるとうつ症状と診断されるのです。うつ症状の主な原因はストレスです。しかし、一言でストレスと言っても、ストレスの原因となっている要因は多岐にわたります。長時間労働や厳しいノルマといった職場における負担、育児などの家庭における負担、あるいは雇用形態や家計に関する将来的な不安といった肉体的な負荷や精神的な不安がストレスとなることは勿論、職場での昇格、結婚や出産といったプライベートの慶事でも、それが責任感や義務感を芽生えさせ、そうした責任感や義務感が負担となってストレスの要因となり、うつの症状を引き起こすケースもあるのです。言い換えれば、ストレスの原因は人それぞれで異なるのです。従って、どのような生活をすればうつ症状を回避できるのかを一概に規定することはできません。ですので、うつにならないためには自分なりのストレス解消やストレス回避の方策を見つけ出すことが大切なのです。また、ストレス以外にも薬の服用の副作用によってうつ症状が生じることもありますので、そのような可能性のある薬を服用する際には注意が必要です。

抗鬱剤に対する評価が大切

うつ症状が発症した際に受診するのが精神科や心療内科です。精神科や心療内科で行われる診察は医療面接です。具体的なうつの症状や、その原因となるストレスの要因が何であるのかを把握するために患者の性格や家庭環境、日頃の生活環境などについて医師から質問をされますし、場合によっては家族も質問をされることもあります。医療面接で把握したこれらの情報を基に、医師は診断を行い、治療方針を決めていくのです。そしてうつ症状の治療は、ストレスの要因となっているものを取り除く、もしくは軽減することで疲れてしまった心と体を回復させるといった対処と、抗鬱剤の服用という投薬治療の2つが大きな柱となります。前者の例は職場での長時間労働が原因で発症してしまった患者の場合に、十分な休養を与えるために一定期間休暇を取らせることなどが挙げられます。後者の抗鬱剤の服用は、頻度や量を症状に応じて医師が調整します。そして、快方に向かえば徐々に1回あたりの服用量や服用頻度を減らしていくのです。逆に効果があまり見られない場合は、別の抗鬱剤に変えるケースもあります。抗鬱剤には多様な種類があり、特に初診時は医師は医療面接の内容を元にどの抗鬱剤を服用させるかを判断します。医療面接だけで適切な抗鬱剤を選定するのは容易なことではありませんので、初診時に処方する抗鬱剤が必ずしも患者に合うとは限らないのです。従って医師の側も、特に初診時に処方する抗鬱剤はテスト的な処方という意味も含まれていますので、その結果を患者の側が忌憚なく、そして詳しく医師に伝えることによって、より適した抗鬱剤の処方へと結びつくのです。

Copyright© 2015 うつ病の症状を知って向き合う【メンタルヘルスドットコム】All Rights Reserved.